指導者プロフィール:川沼 顕

3歳より父の手ほどきによりヴァイオリンを始める。
国立音楽大学器楽科を卒業。これまで、川沼文夫、篠崎史紀、田尻順、小林武、田中千香士の各氏に師事。
音大在学中より弦楽四重奏や室内楽などの演奏活動を活発的に行うと同時に指導にも注力し、これまで延べ数百人の生徒さんを受け持つ。
1999年にスズキ・メソードの指導者認定を受け、スズキ・メソードの指導を始める。
 
現在はレッスンでの指導にとどまらず、室内楽を中心とした演奏活動や弦楽合奏の指揮・指導など幅広い活動を展開しております。
指導歴20年余の経験を生かして、生徒さんひとりひとりに最適な内容はもちろん、長く続けられる事を第一にレッスンをいたしております。
 

レッスンプラン

■週1回のスタンダードなレッスンプラン
週1回(月3~4回)、1回のレッスンは20~30分です。
レッスンの曜日とお時間はご相談の上設定させていただきます。
レッスン曜日時間の変更をご希望の場合はご遠慮なくご相談ください。
また、毎年4月~5月に学校などのご都合に合わせて皆さまのレッスン曜日時間調整をいたしております。

■ご都合に合わせたレッスンプランもお気軽にご相談ください
毎週通うのは難しい、都合の良い時にレッスンに通いたい、コンサートやコンクール直前だけレッスンを受けたい…などなど。皆さまのご都合やご希望に合わせたレッスンプランをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。
 

受講料についてのご案内

■スズキ・メソード維持会員費
レッスンを始める際にまずはスズキ・メソードの入会手続きをお願いしております。
ご入会いただきますとレッスンの受講はもちろん、スズキ・メソードならではのイベントやコンサートにご参加いただけます。その他、機関紙の配布などの特典もございます。
◆スズキ・メソード入会金 : 5,000円(1世帯)
◆スズキ・メソード維持会員費 : 1,600円(1世帯/月)

■授業料
教則本の進度により変わります。
・1巻 8,000円・2~3巻 8,500円・4~5巻 9,000円・6~7巻 9,500円・8~10巻 10,000円

■教室運営費
教室の維持運営に関する費用です。教室毎に設定が異なりますが、月額4,000円~5,000円/1生徒 程度となります。

■月謝内訳(教本1巻の場合)
◆スズキ・メソード維持会員費 1,600円
◆授業料 8,000円
◆教室運営費 4,000円~5,000円(教室により異なります)
・上記は通常レッスンを受講された場合の内容となります。受講方法のご希望はお気軽にご相談ください。
 

レッスンの始まりは、レッスンの見学から

■とても大切な「見学期間~キラキラ星まで」
バイオリンを始めたい!お子さんに習わせてみたい!と思われた時がはじめ時です。
まずはお気軽にレッスンのご見学をお申し込みください。なるべく初歩の生徒さんのレッスンをご見学いただきます。
はじめての教室や初対面の先生にすぐには慣れないと思いますので、見学は何度でもいらしてください。毎回僅かな時間でも構いません、見学を重ねるうちに「いつか自分もバイオリンを弾けるかも?」という気持ちが膨らんできます。そうしたら少しずつレッスンごっこが始まり、いつのまにかレッスンが当たり前のことになってきます。
スズキ・メソードではこの見学からレッスンのスタートまでの時間を大切にしております。「急がず、休まず、諦めず」という気持ちでレッスンへの準備を整えます。
レッスンごっこからいつの間にか普通にレッスンが出来るようになったらいよいよキラキラ星のレッスンがはじまります。
 

教材

■基本はスズキ・メソードヴァイオリン教則本
スズキ・メソードの教則本を基本にレッスンが進みます。
キラキラ星変奏曲から始まりゴセック作曲ガヴォットまでの1巻からスタート、ドヴォルザーク作曲のユーモレスクは3巻に、4巻以上はバイオリン協奏曲も多数登場します。長年の研究により構成された教則本は、9巻10巻のモーツァルト作曲のバイオリン協奏曲まで着実な技術習得と共に 常に向上心を掻き立てる魅力的な内容です。

■副教材も取り入れて更なるレベルアップを目指します
スズキ・メソード教則本だけでなく、勉強中の内容や生徒さんに合わせて音階やエチュードなどの副教材も取り入れております。教則本だけでは不足しがちな基礎力を高める事はもちろん、曲の理解を深めて演奏の工夫が出来るようになります。スズキ・メソードは楽譜が読めない…と良く言われておりますがそのようなことはございません。教則本では初歩の段階から自然に楽譜に親しみレベルアップに合わせて読譜を身に着けて理解出来るようになります。
 

個人レッスンとグループレッスンの併用がスズキ・メソードの特徴です

毎週の個人レッスンだけでなく、大勢での合奏でのレッスンがグループレッスンです。個人レッスンだけでは学べないアンサンブルの基本や、上級生から刺激を受けたり仲間が増える楽しく充実した時間です。幅広い年齢層が楽器を通じて学び合う、スズキ・メソードならではのレッスンです。
(現在はコロナウィルス感染拡大予防の為グループレッスンは中止いたしております)

 

発表会や合宿練習、弦楽合奏などを通じて演奏の幅も技術も広がります

日頃の練習の成果を発揮する発表会や、グループレッスンで学んだアンサンブルの基本をより本格的に実践する弦楽合奏も魅力です。
スズキ・メソードで学ぶうちに学校でのアンサンブルや市民オーケストラなどでも活躍できるスキルが身につきます。
合宿練習では友達と楽しく過ごす中で普段は出来ないほど多くの練習して演奏に磨きが掛かります。バイオリンの練習以外にも学ぶ事が多い合宿は生徒さんにも人気のイベントです。
 

世界に広がるスズキ・メソードならではの魅力いっぱいのイベント

■全国のスズキファミリーが松本に集合する「夏期学校」
毎年8月上旬に全国はもとより海外からも多くの参加者が長野県松本市に集います。期間中はレベル別のレッスンに加えて、大人数での合奏レッスンや一流の指揮者による弦楽アンサンブルレッスンを中心に生徒によるコンサートやスズキ・メソード特別講師をはじめゲストによる特別なコンサートなど音楽に満ち溢れた日々を過ごします。
夏期学校の内容だけでなく、松本市の素敵な街並みや美味しいお食事も魅力です。

■世界屈指の3,000人での大合奏「グランドコンサート」
全国から集まった約3,000人の圧倒的スケールのコンサートが「グランドコンサート」です。近年は日本武道館や両国国技館などを会場としてバイオリン・チェロ・フルート・ピアノ・アンサンブルの多様なプログラムで演奏されます。フィナーレのキラキラ星変奏曲の演奏は圧巻で感動的です。長い歴史を刻むグランドコンサートにはスズキ・メソードとゆかりの深い皇室の方もご臨席くださります。
スズキ・メソードで学ぶ生徒さんは誰でも出演できるビッグイベントです。
 
■世界中で開催される「スズキ・メソード世界大会」
世界70か国以上に広がるスズキ・メソードは各国それぞれ独自の進化を続けております。
そんなワールドワイドなスズキ・メソードを肌で感じられるのが世界大会は、オリンピックのように数年に一度世界各国を巡ります。
楽器のレッスンやコンサートだけでなく学術的な講演やシンポジウムも数多く開催され、各方面からも注目されております。